名古屋市緑区、南区、天白区、昭和区の少年野球チーム『鳴海ドラゴンズ』の公式ホームページ。名古屋市周辺で少年野球チームに入るなら鳴海ドラゴンズ!

鳴海ドラゴンズ

大会結果・ブログ
  1. トップ
  2. 大会結果・ブログ
  3. ☆彡第12回デポ卒団リーグ☆彡優勝☆彡

H31年度第4期生 CBS全国大会出場決定

平成29年度 名古屋軟式連盟ジュニア選抜リーグより鳴海ドラゴンズの「大杉空楓選手」が本塁打王で表彰されました。

☆彡第12回デポ卒団リーグ☆彡優勝☆彡

2020.02.01
☆彡第12回デポ卒団リーグ☆彡







3勝無敗という好成績(^_^)v


選手達も前半期の意識とは当然違い、後半期は勝負所だらけ、、、、

 
全員でタイトルを狙うも疲れはMAXに、、、、、


優勝候補の鳥羽見ウイングスを倒し、このままの勢いで、、、、、

と誰もが願っていました、、、、、








第4戦VS山吹サンデーズ










オッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 
 
 

 
 






16安打22得点✌✌✌✌✌

猛打賞4人(≧◇≦)





 
 



✊強いッ✊









《 最終戦VS栄生野球クラブ 》






この試合は監督が全員で勝つと言って、、、、

  
 







しっかり勝ちに行きましたーーーーーッツ(≧◇≦)
 
  


なんとッツ(≧◇≦)













 
 
全勝だぁーーーーーーーーーーーーーーっ
(^_^)v(^_^)v(^_^)v(^_^)v(^_^)v



ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッシャーーーーーーーーッ✊















ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッツ

ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッツ
ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッツ
 


☆彡☆彡鳴ドラ第4期生、初優勝☆彡☆彡










☆彡第12回デポ卒団リーグ表彰式☆彡
2020/2/11 in春日井市民球場



アナウンスから、、、、

「 優勝!! 鳴海ドラゴンズ 」









まずはキャプテンから、、、、、
  
キャプテンとわ、1年間ご苦労様でした。



そしてエースたかやへ、、、、






副キャプテンしょうやへ、、、、、、






 
今季限りで転校するなおひろへ、、、、、
※この鳴ドラのユニフォームを着て、最後の表彰台。
チームにたった一人4年生でスタメンに選ばれ、
一生懸命ついて来ました。




 


次々と表彰されて、、、、




大会委員長から、、、、、
「大会MVPを発表します、大会MVPは、、、、」

えっ?

(≧◇≦)













「 藤田たかやっ!!! 
 

投手では数々の局面を抑え、チームのピンチを守りました。
打者では、強豪から決定打となるホームランを打ち、
チームを勝利に導きました。





そして各チームから一人選ばれる

《優秀選手賞》

鳴ドラからは、、、、、
キャプテン トワ(^_^)v
強豪チームとの対決で、意地の先制打!
今大会、最多勝利投手、
キャプテンとしてチームを優勝に導きました。







そして最後に、、、、、また×2 大会委員長から、、、、
「個人賞の発表をします!」










(゚Д゚)


「最優秀投手賞」 

「 藤田たかやッ!!! 」



大会を代表するぐらいの良い投手になれました。
他チームからも、「藤田やべえ、あっ藤田だ」との声が
大会内でよく聞こえてきました。





良い投手になったな、鳴ドラエースよ✊



おめでとう☆彡





そして最後に、、、、







鳴ドラ第4期生、優勝おめでとう☆彡





☆Thank you for winning☆
















《監督コメント》


皆さん、優勝おめでとうございます。



まずは日々苦労してきた選手、






いつまでも諦めず最後まで応援してくれた父兄さん、





暑い日も寒い日も、選手と一緒になってご尽力頂きましたコーチ、

全員が一丸となって勝ち取ったタイトルだと思っております。
本当にありがとうございました。






皆さん、第3期生の終わり頃、あの悔しかった最後、

この4期生の選手達がスタジアムで何を誓ったか知ってますか?








多くの選手が怒られ、涙を流し、









  
「必ずまたここに来る、3期生で叶わなかった夢、
絶対かなえる、優勝する」
 

と全員が強い気持ちを持って言っていました。








思い返せば、その時誓った事を、忘れてしまうぐらい、
各大会では上手くいかず、

彼らは大変厳しい、そして苦しい1年間を過ごしたかと、思います。
第4期生が始まって春から夏へ、夏から秋へ、
気付けば大会をあっけなくダメにして、
私に怒られるだけの毎週を過ごしていた様に思えます。
途中途中、「このままで良いのか、お前達が良いならそれで良い」と、
私も何度か残念な気持ちになり、根気を無くしそうでした。
ですが、後半期、彼らがみるみるうちに変わって行きました。

「監督、朝早く集合して良いですか、明け方練習に付き合って欲しい」と、、、、
夜遅くまでバットを振った子、冬休みに死ぬ気で頑張った子、
これが最後だと、ケガをしながらも投げ抜いた子、
胸張って良い結果ではないでしょうか?






鳴ドラの皆さん、やりましたーーーーーーーーぁ(≧◇≦)












鳴ドラの皆さん、
この成績は簡単にできる事ではありません。

選手一人二人でやれる事ではありません。
全員で彼らは有言実行しました。
まずは一つ、取りました(^_^)v
どうか子供達を評価してあげて下さい。
この努力の結晶を、、、、、、、


我々は、まだこれからが勝負です。
これからが本番です。

橋本ひろき杯、中京夢球会カップ、

必ず取りに行きます。

皆さん、第12回デポ卒団リーグ優勝を大きく喜んで、

次のタイトル、まだまだ取りましょう。必ず、、、、、、、








まずは一つ、





☆彡優勝☆彡

おめでとうございます。










選手達、次も優勝して必ず最後には笑おうぜ✌✌✌✌✌




お問い合わせ

お問い合わせ
(担当:事務局長 長谷川)

080-4226-0311

協賛団体

一般社団法人 中京夢球会

一般社団法人 全国相続鑑定協会 ICAN

一般社団法人中京夢球会