名古屋市緑区、南区、天白区、昭和区の少年野球チーム『鳴海ドラゴンズ』の公式ホームページ。名古屋市周辺で少年野球チームに入るなら鳴海ドラゴンズ!

鳴海ドラゴンズ

大会結果・ブログ
  1. トップ
  2. 大会結果・ブログ
  3. ☆彡第4回橋本ひろき杯卒業トーナメント決勝戦or第1回中京夢球会カップ決勝戦☆彡

H31年度第4期生 CBS全国大会出場決定

平成29年度 名古屋軟式連盟ジュニア選抜リーグより鳴海ドラゴンズの「大杉空楓選手」が本塁打王で表彰されました。

☆彡第4回橋本ひろき杯卒業トーナメント決勝戦or第1回中京夢球会カップ決勝戦☆彡

2020.02.08
☆彡第4回橋本ひろき杯卒業トーナメント決勝戦☆彡


運命の決戦(>_<)



泣いても笑っても最後の勝負✊

第4期生、この日の為に、今日の為に、、、、、

頑張ってきました。



お相手は、、、、、、


VS鳥羽見ウイングス



前回少年軟式リーグ優勝チーム、、、、、、


第4回少年軟式リーグの決勝は惜しくも敗れました、、、、、、




この日は午前、☆彡第4回橋本ひろき杯卒業トーナメント決勝戦☆彡


午後は、☆彡第1回中京夢球会カップ決勝戦☆彡

あらビックリ(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)

午前も午後も、、、、、

鳴海ドラゴンズVS鳥羽見ウイングス





マジかよ!(≧◇≦)!








試合前の監督ミーティングでは、、、、、

「まずは、S級投手下田がここ最近ずっと連投だ。



球数を稼いでノックダウンさせる事。
2ストライクまでは我慢して我慢して、、、、
ボールが弱った瞬間から
勝負は全てセンターへ低いライナー若しくは低い強いゴロを狙え。
そして、必ずイニング後半で捕まえろ」







投手タカヤには、「壊れても良い、これが最後や、
後悔するぐらいなら壊して来い。

ケガとは必ず俺が付き合ってやるから、、、、、」
 







最後に、、、、「今日はお前達にとって、良くも悪くも最後の勝負です。」

「今までは監督が引っ張ってきたのかもしれない、、、
                だから最後は俺がついて行く番だ」


  
  
  


選手達は緊張もなく、湯気が立つほどの気迫

運命の、、、、、














⚾プレイボール⚾




1回表、鳥羽見先攻の攻撃、、、、


ポン×2 とoutにして、、、、

すぐに2out✌

しかし、、、、、相手バッターは一流バッター清水(>_<)

すると、、、、

アカンっつ(-_-;)


痛烈な当たりはセンター前へ、、、、、そして盗塁されて、、、、

4番下田。ガーーーーーーーン(-_-;)

初回からピンチッツ、、、、、、

2outランナー2塁からサードしょうやが、、、、、、、悪送球、、、、、(._.)

1点先制されて、、、、、

2回表も、、、、、投手のミスにより1点追加され、、、、、


流れは最悪に→(-_-;)








そして2回裏、、、鳴ドラ動きました、、、、、、


0outから4番タカヤがキャッチャーゴロに、、、、、
おっ?


キャッチャーからファーストへの送球をファーストエラー(^o^)

ファーストが、もた×2している間に瞬足タカヤは3塁へ、、、、







CHANSE☆彡


そして5番トウゴは、ぼて×2サードゴロ、、、、、

おっ?
 
サードランナーに惑わされて、、、1点が入り、
尚も、ファーストもセーフ✌✌


6番ピッチャーゴロでランナーは進塁✌
1outランナー2塁、、、、、、、








もう1点欲しい所で、、、、7番カイザ、、、、、



出るかっ?出るかっ?





















でたぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ☆彡☆彡

  
待ってましたという職人セーフティバント✊(^o^)✊








1outランナー1.3塁、、、、、


しかし、、、、鳥羽見に対してここからが本番、、、、、

簡単に仕掛ける訳にもいかない、、、、、、

8番ソウのスクイズはバレ×2だし、、、、、、


まずは初球、、、、、、、、、、



















 
やりおったーーーーーーーーーーーーーーーーーー✊✊✊

「必殺! 自分死にますバント」☆彡


  見事初球スクイズのサインを確実にこなし、、、、


同点☆彡☆彡☆彡









シャーーーーーーーーッツ✊GOOD✊









ベンチの中では「ここからや ( ^o^)ノ 」とコーチの声(*゚∀゚)



しかし、、、、、、、、、、

3回4回5回6回と、、、、お互い0点、、、、

7回でした、、、、、



エースたかや、、、、9番の先頭打者にデッドボール、、、、、


もう限界か、、、、(-_-;)

1番をピッチャーゴロ、2番をセカンドゴロに、、、、、

まずいッツ(-_-;)

2outランナー3塁で、一流バッター清水に、、、、、、











タカヤが最後の勝負に、、、、、エンジン全開✊



すると、、、、、










引っ掛けさせた打球はサードへ、、、、、、、、、



ベテランサードしょうや、、、、

アカンッ(-_-;)


またもや悪送球、、、、、、、、、、


1点を追加され、、、、








運命の最終回、、、、、、、、


1点ビハインド、、、、、、(-_-;)


エースたかや、少ない失点でよく頑張った、、、、

  
あとは頼んだ、、、、、鳴ドラ下位打線よ(>_<)







打順は6番ショウヤから、、、、、凡退(-_-;)










1outからカイザが四球(>_<)


1outランナー1塁から、、、、、、、







ベンチの中にいるエースの目には涙(T_T)


みんな、もうダメだという顔して8番ソウを見つめる、、、、、

1out 2ストライク0ボール

8番ソウはあの豪速球を死ぬ気で食らいつく、、、、


ファール、、、、、、、、(>_<)







また×2 2ストライクからの高め速球は、、、、、、


























とらえたぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(>_<)

 

そして、、、、、、、

一瞬スタンドは時が止まりました。

このスタジアムにいる全員がレフトへ飛んだ打球を見て、、、、


ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッツ


なに?

なに?














ぬけたぁっーーーーーーーーーーーーーー( ^o^)ノ












1塁同点のランナーかいざが必死でホームに帰ってくる(>_<)


そして、、、、ランナーコーチのトウゴが叫ぶ(゚Д゚)




ベンチからは次々選手達が出てきて、、、、、











ホームへは、、、、、、、??????

























帰ってきたぁーーーーーーーーーーーーーっつ✊✊✊




ウオーーーーーーーーーーーーーーーーッツ☆彡


決勝戦☆彡サヨナラホームラン☆彡









涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)


  
ホームへ帰ってくるソウに抱きつく、、、、涙(T_T)

ベンチから一斉に出て行った選手達、、、涙(T_T)


勝ちが決まったあの瞬間、ソウがベースを踏んだ瞬間、






選手達全員が泣きました、、、☆彡☆彡☆彡

 





第4期生☆彡



☆彡優勝☆彡


おめでとう☆彡☆彡☆彡


《監督コメントは後ほど、、、、、、笑》















☆彡第1回中京夢球会カップ決勝戦☆彡






午前優勝した選手達は、午後もとりに行くと、、、、、、


気合いブリ×2で挑みました、、、、、


試合前ミーティングでは、

「トワ、俺はこの試合お前に預けた」

「今まで苦労してきた事をこの試合に全て出すんだ」

「おまえらっ! 相手は次こそ死ぬ気で取りに来る、、、、、」

「耐えて耐えて耐えて取った結果は、
最後にはお前らが笑えるんだ、、、、、」


「最後には必ずこのメンバー全員で笑おうぜ」



試合開始(≧◇≦)


ところが、、、、、、、


お互い譲らずに、、、、、、


気付けば最終回も譲らず、、、、、



(゚Д゚)タイブレーク(゚Д゚)


マジでか(≧◇≦)


※特別ルール
1out満塁から4番対決!





まずは鳴ドラから、、、、、4番タカヤ、、、、、、、


打球は、、、、、センターへ、、、、、

抜けたぁーーーーーーーーーーーー(>_<)


鳴ドラ☆彡3点☆彡









あとは守るだけ、、、、、、


監督からピッチャートワにエール、、、、、

「押し出しをビビるな、四球でもいい、本気の球をなげろ」







そして相手は1out満塁から4番清水、、、、、、、


1球目は、、、、ストライク、、、、

2球目は、、、、、、特大な打球が、、、、、(゚Д゚)

ファール ※観客どよめく、、、、、、


そして2ストライクからの配球サインは、、、、、









(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)

 

4番に対し、内角のクロスファイア(゚Д゚)(゚Д゚)
 
審判のコールは、、、、、、、、















三振☆彡☆彡☆彡





涙(T_T)









そして5番に対する初球は、、、、、、、


 





センターへ鋭い打球が、、、、、、、、、、



ハヤトは?、、、、、、、、、













捕ったぁーーーーーーーーーーーーーーーー☆彡☆彡




マウンドに次々と集まる、、、、、涙(T_T)


涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)涙(T_T)

 


鳴ドラの皆さん、やりましたーーーーーーーッツ涙(T_T)

(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)










  

☆彡☆Forever 4th generation☆彡☆














《監督コメント》



皆さん、ご苦労様でした。長い間、ありがとうございました。

第4期生が、、、涙(T_T)、、、、、、

やってくれました。





この日がいつ来るのかと、長きに渡り必死で指導してきました。

やれる事は全て、やってきました。





思い返せば、この4期では、私はずっと怒りっぱなしの監督であり、

怒鳴りっぱなしの1年でした。





第3期生終わり頃のあの涙から、それはそれは遙かに遠いゴールでした。







私は、第4期の勝負所が始まった頃、チームの皆様に必ず取ると、
誓いました。

誓った後の活動は、焦りもありながら、毎週、苦しかったです
しかし、戦うのは選手達であり、約束を果たしてくれたのも、選手です。

今日の試合展開でも、最終回1点とられた後のベンチ内は、もうダメだと、
全員、ダメージがありましたが、
正直、選手よりも先に、監督の私が心折れていました。





しかし、野球には本当に神様がいるんだなと、

こんな事あるんだなという、奇跡の逆転劇、

情けない事に、最後には選手達に私が救われ、教えられた様な気がします。




一番私が強く感動したのは、この仲間達が最後には本当の仲間だった、、、






あの、バラバラでチームワークゼロの第4期生が、

優勝した瞬間、全員で涙していた事、






あのサヨナラの場面で全員が抱きついた事、







もう、私が教える事はないぐらい、震えるぐらい心打たれ、感動しました。

あのメダルをもらう瞬間の選手達の顔を見て、今まで選手と苦労した事、
一人一人泣いてきた顔を思い出しました。






今思えば、






この様な結果が出たのも、私の指導の厳しさを我慢してくれた父兄さん達、
  
  









いつも親身になって帯同してくれましたスタッフ、
 









必死でチームの勝ちを祈った後輩達、
 









一番は、潰されて、潰されても這い上がってきた第4期生選手達、
 









全ての人達に感謝をして、私からのお礼の言葉とさせて頂きます。
いつまでもこの日を待っていてくれた鳴ドラの皆さん、
温かい、そして熱い応援を、、、、

ありがとうございました。



今日まで、本当に、ありがとうございました。








鳴海ドラゴンズ第4期生選手達よ、

2020年2月8日 パロマ瑞穂スタジアム

お前達と共に戦った事、
お前達と共に笑った事、
お前達に最後には助けられた事、



監督は、一生忘れません。

今までついてきてくれて、
本当にありがとう。

最高な選手達でした。






そして、最高な最高な最高な、「ファミリー」でした。

  



監督 松浦 より


お問い合わせ

お問い合わせ
(担当:事務局長 長谷川)

080-4226-0311

協賛団体

一般社団法人 中京夢球会

一般社団法人 全国相続鑑定協会 ICAN

一般社団法人中京夢球会